×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アイター通信杯4歳S(GV) 東京芝1800m

牡馬クラシックへ向け、各馬万全の仕上がり! はたまたセン馬の逆襲あるか? まもなくスタートです!

  
1人気は相談役ミリオンラビリンス! 2番人気は大和駿馬Cで強さが光った、ファステストワン!
 3番人気、そろそろラックが欲しい、9番ベルジュラック! イレ込みなし!

  
白毛が光る、マルゼン産駒ザルツブルクがまずいきます、祖父が同じニジンスキー、マッチョオンジが外から。

  
ファステストワンが先頭ザルツブルクに並びます。プレリュードが落ち着かない様子も、どうにか最前列へ。

  
一旦前を譲ったマッチョオンジが間からスルッと入る!

  
残り200! プレリュードは苦しくなったか。マッチョオンジがここぞ!とばかりにラストスパート!

  
最内ザルツブルク、さらにその外ファステストワン! マッチョオンジ振り切ったか!? 勝ったのは…

  
勝ったのはザルツブルク! マッチョオンジは惜しい2着! ファステストワンもGU2着の意地を見せた。
パブハミは絶望的な位置から鋭く伸びて4着入線、素晴らしい脚を繰り出した。5着のジェスターテンも同様に、
壁になった馬をよく捌いて掲示板確保。一方、1人気ミリオンラビリンスはやや伸びに欠け圏外、
1枠プレリュードは東京の直線が長かったか、前線で勝負するも11着と残念な結果に。


父マルゼンスキーはクラシックで期待するなというほうが無理でしょう!
まさにうってつけの血統構成で、今後の活躍が期待されます!
オーナーのmamboさん、おめでとうございます。


戻る