×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ミドルディスタンス賞(GU) 東京芝2500m

ステイヤーCSへの向けての試金石となる一戦。
12頭フルゲート、それではどうぞ。

  
1人気はステュクス! 血統的にも長距離は合う!
2番人気にマッチョフクキター! 菊花賞は3着に入る活躍。今回は更に上を目指す!
3番人気にアンブラーゼン! キレのある末脚が身上の同馬。中舘も気合十分!
カンバーランドがイレ込み。。。

  
ルピョンが出遅れたことにより、道中から速いペース。

  
新鋭マダガスカルブルー、ベルジュラック、マッチョゾノの3頭が先頭に。
ルピョンもじわじわと追い上げ、ぴったり折り合う。

  
ステラアサルト、さらに1人気ステュクスが先頭へ並ぶ! 外からルピョンも!

  
長距離戦には珍しい、先頭横1列5頭が並ぶ激しい攻防! ベルジュラックが僅かに抜けた!

  
残り200過ぎ、本命ステュクスが並びかける!も、マダガスカルブルーが僅かにリード!

  
マッチョゾノが根性見せたか! 粘るマダガスカルブルー! マッチョゾノ僅かに有利か。

  
勝ったのは今回最下人気のマッチョゾノ! マダガスカルブルーは惜しい2着も、上々のデビュー戦。
マダガスカルブルーも人気薄で、ご覧のとおり配当は長距離戦では珍しい大波乱の万馬券。

1人気ステュクスは3着まで。 惜しいレースが続くだけに、期待も膨らむ。
ステラアサルトが4着^^; ただ、コーナーでは鞍上の手綱捌きが光った。
ベルジュラックまでが入線。 

実績馬マッチョセクロスは入線ならずの6着、
3番人気アンブラーゼンもコースが東京・長距離・横1列5頭の内容では自慢の末脚も封殺された印象。

ルピョンは出遅れながらもその後はうまく進出して回ってきた。
欲を言えば4角で先頭に!か。

イレ込みのカンバーランド、サンジノハニー(おそらくスピイレ(謝)の2頭は
非常に申し訳ない結果になってしまいました。。


先週から怒涛の快進撃!
OP戦を1人気で制したと思えば、重賞を最下人気で勝つ!
ダビスタの醍醐味を堪能して頂けたことでしょう!
オーナーのT-NRGさん、おめでとうございます。


戻る