×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

セン馬ダート大賞(GU) 中山ダ2400m

条件:去勢馬
8頭立てで争われます。それではどうぞ!

  
1人気は先週のステイヤーCSから連闘、マダガスカルブルー!
2番人気に芝・ダート不問! 8番テイルガン!
3番人気にゲイメセン産駒の究極馬、3番ヴェストファーレン!
パワードスーツがイレ込み。。

  
1番ハルブリーデン、4番マッチョウルフと外につけた2頭がグイグイ行き、
1番人気マダガスカルブルーも連れて先頭へ。

  
ヴェストファーレンが上がっていく。が前とはまだ距離がある。

  
後続との差もつまり、いよいよ直線へ。先頭は1人気マダガスカルブルー!

  
道中積極的にレースを進めた3頭、1人気マダガスカルブルーにハルブリーデン、マッチョウルフが食らいつく!

  
ここでマッチョウルフが先頭へ! 4番手以下は離された。

  
ハルブリーデンがゴール前で根性発揮! 僅かに抜け出したところでゴール!

  
勝ったのはハルブリーデン! 見事セン馬ダート王者に輝いた!
1番人気マダガスカルブルーは非常に惜しい2着。しかしながら実力は十分見せた。
3着にマッチョウルフ。芝での活躍がメインの同馬、ダートでも見せ場十分の3着複勝圏!

3番人気ヴェストファーレンは4着まで。 しかし残り1000mを切ったあたりからのスパートはお見事。
ノーチェイサーまでが入線。

2番人気テイルガンはいかんせん位置取りが最後方と悪すぎた。
キレも根性も持っている同馬だけに悔やまれる内容。

ゾーンプレスはさすがに疲れが出たか7着、
パワードスーツはイレ込みが響き最下位と残念な結果に。。


ハルブリーデン、セン馬ダート王者のタイトル奪取!
鞍上の岡部はOP戦に引き続いての勝利。
また、最後に根性を見せての抜け出しと、非常に好内容。
オーナーのRifFE0aAlwさん、おめでとうございます。


戻る