×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

弥生賞(GU) 4歳牡・牝 中山芝2000m

まずはクラシック第一戦、皐月へ向けての重要な戦い。弥生賞、まもなくスタートです!

  
1人気は未だ結果出ずも、ここで名乗りを上げたい3枠ベルジュラック!
2番人気にOPでの実績十分、重賞制覇で本番に弾みをつけたい4枠レッドスター!
3番人気に大物○外、参戦す! 2枠アイルソン! イレ込みなし!

  
アイター通信杯覇者のザルツブルクがまず行きました。追うようにノアニール。
道中マッチョオンジが外から先頭へ。

  
じっと内で堪えていたマッチョヒデが800過ぎで先頭へ。
1人気ベルジュラックも外からマクリ気味に来ている。

  
マッチョヒデ先頭でコーナー〜直線へ!
来た来たベルジュラック!

  
アイター2着のマッチョオンジ! 着外に消えた雪辱晴らすぞ!ベルジュラック!

  
残り200を切ったところでベルジュラックが単騎抜け出した!
蛯名セーフティリード作戦、功を奏するか!?

  
1枠ノアニール差を詰める!
さらに内!! 大物○外アイルソンの末脚炸裂!!

  
実況はアイルソンが有利と判断!
しかし、勝ったのはノアニール!

再度検証へ!!


まずはyayoi14という画像から。この時点で1枠ノアニールと2枠のアイルソンのハナが並んでいるのが分かります。

ここでアイルソンがハナ差分1枠ノアニールより前に出てます。

実況のとおり、2枠アイルソンがハナ差で1枠ノアニールより先着しているのが分かります。


着順はこのようになっております。
マッチョヒデとレッドスターも際どい判定だったので同じく拡大検証したところ、
こちらは着順どおり、となりました。

  
今回はゲーム内判定とウチの判定で
例外的に1着同着、と致します。
以前のジュナさん主催のBCでの判定検証が非常に参考になりました。
ともあれ、手に汗握る攻防だった今レース!
オーナーの◆RifFE0aAlwさん、ジュナさん、
共におめでとうございます!


戻る